上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厳密にはチーズじゃないんだけどね~。

クリームチーズも生クリームも使わない。 小麦粉も。 
これ美味しかったら革命でしょ?!  レーズンが革命を起こしましたよ~☆
DSC00683_convert_20080522133309[1]


カッテージチーズの作り方はコチラ*温度管理や使う牛乳で違いがあるので参考に

材料
クッキー生地 を焼いておく
 (卵黄1個:砂糖50g:バター100g:薄力粉150g)
   →1:2:3が基本のクッキー生地だよ 覚えておくといいよ)
市販のクッキーを粉々に砕いてバターとあわせてクッキー生地にして敷いても◎

フィリング
自家製カッテージチーズ 150g  
水切りヨーグルト   100g
砂糖         40g(内20はメレンゲに)
卵 (卵黄・卵白に分けて)2個
牛乳         100cc
バター        50g
レーズン      30g 多めがいい

作り方  
・ヨーグルトは水切りを(一晩で半量くらいになる)
・オーブンは160℃-170℃の余熱 / お湯 /バター牛乳を合わせ温め溶かしておく
・クッキー生地は焼いておき、 レーズンを満遍なく散らしておく

①自家製カッテージチーズと水きりヨーグルトをホイッパーで合わせる。
(↑ここの水分が多ければ牛乳の量を調整してくださいね)
砂糖20g、卵黄2コ、牛乳と溶かしバターをそれぞれ順番に合わせる。 
②卵白をあわ立てた後、残りの砂糖20gを数回に分けてしっかりしたメレンゲをつくる
③ ①のボールに②で出来たメレンゲ1/2(犠牲のメレンゲ)をいれ混ぜ合わせる。
 その後全部をふんわりと混ぜ合わせる。 ふわっと混ざった? 水分大丈夫?
④ 即!!! クッキー生地(焼いた)に流し込む。 一気に!!!
⑤160℃で 40分ほど   蒸し焼きに。
  a.天板2枚あれば下段に熱湯をはる。 
b. 天板に熱湯を 中央を高台にしてケーキをおく
  c. 天板4隅に 熱湯を注いだ耐熱カップを置く など。
ふわ~っと すごーく 膨れます!!! 

☆ クリームチーズや生クリームが入ってないのでカロリーが少なくパクパクいける軽さです。  
☆ ココットに入れて焼くのもいいかも!! 出来立てをスフレ感覚でしゅわっと!どうぞ!
☆ ケーキ型なら一晩冷やしてふわふわスフレチーズケーキでどうぞ。
★ カッテージチーズの水分が多い場合焼き時間によっては固まりにくいかもしれませんので、その場合は時間や温度(牛乳の分量)を調節するなどしてください。

DSC00682_convert_20080522133448[1]

出来立て↑  次はスフレとしてココットで焼こう~☆

一晩寝かせると また美味しいチーズケーキに☆  だから・・・チーズじゃないんだけどね。。。

イタリアのリコッタ(チーズ法律上脂肪分が足らないリコッタは正式にチーズと名乗れない)は
2度煮たという意味。 チーズ作りで出てきたホエーを使って作るチーズ。
また 明日記事に載せられたらいいなと思ってます。

 
↑参加中です。 今日もクリックもらえるといいなぁ。
始めましての方 またお越しください☆ コメント・ご意見を参考にしているので大歓迎です☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/102-73e7ca3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。