上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家で 鮭の白味噌漬け ☆   
DSC01231_convert_20080622100517[1]

(手前も裏が焦げてます)

研究員*デパ地下利用術***
魚&肉をのぞく。 夕飯が決まっているときは味噌漬け用の魚&肉をみる。
鮭(アラスカ産)4切れ630円。切り身が厚い。 
鮭半身(厚め7切):1200円。 時鮭3切1000円。  
(比較対象***ツナ缶2缶(160g×2):500円、スーパーの貧相な鮭:3切500円)
選食力の議論はココ:コメも合わせてどうぞ

味噌漬け作り方: 
・味噌適量(好きな味噌をブレンド◎)
・味噌を緩めるなら酒・みりんで。 各大さじ1くらい~各自調整
IMG_7497_convert_20080622100303[1]① 味噌で覆って冷蔵保存
空気に触れる面積を減らすためピッタリラップ+ビニール袋でも◎ 2-3日で食べごろ。 
*1週間くらいすると身が固くなって味がしみこみすぎるので注意。
(そのときはひき肉団子などの隠し材料に使うと◎)
*味噌は 白味噌がオススメ ゆるいので 酒・みりんで薄めなくてもいける
IMG_7498_convert_20080622100352[1]② 味噌を拭って。  グリルで中火~弱火でじっくり焼く
*味噌がついているところからこげる。
*グリルは少し前に温めておく (網に魚がはりつかない)
*ガーゼに包むのも◎ 面倒な人はチビゴムベラ(写真↑)も◎100円

旅の土産に味噌***
DSC01272_convert_20080622100645[1]

旅すれば味噌
味噌の原料は大豆。 これに加える麹によって出来上がりが3種類(説明ココ)に分かれる。
麹は 米・麦・豆。 最近ほうれん草味噌なんてものもみたけれど・・・

信州味噌は 米麹。 甘くもしょっぱくもなく日本の主流味噌。
仙台や秋田の味噌も 米麹の割合が少ないちょっとしょっぱめ味噌。
江戸前味噌は 米麹の割合が多い 甘め味噌。
東海地方の味噌は 八丁味噌(赤味噌)を代表とする 豆麹味噌。
京都の味噌は 西京味噌(白味噌)を代表とする 甘めの味噌。
九州地方は 麦麹でつくる 麦味噌。    
 ↑こんな簡単に地域わけできるものではないけれど、無理やりに分けるならこんな感じ。
味噌まとめ上手になったなぁ。自分。

香りから驚いた味噌: 大分フンドーキン醤油の麦味噌。 1000円。
IMG_7301.jpg 買ってよかった。今は九州も米味噌主流!

味噌は、汁に溶かすだけじゃないのさ☆味噌カテもどうぞ☆
   
自家製料理の基礎固め。材料を味噌で保存。調理時間を短く!↑クリックしてってちょんまげ☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/129-2a1c8a03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。