上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「香料の効いた四川飯店より好き」と言わしめた 得意料理です 麻婆豆腐 
DSC01273_convert_20080625090855[1]

注目!!! 豆腐がぷりっぷり!崩れてない! とろみ偏ってない!

◎基礎固め中の研究員、自分で一から研究するなんてアホではございません。
先人の知恵をたっぷりともらって レシピ4つくらいを吟味して作ります。
選ぶレシピよければ、おいしいのです。 研究員*の麻婆豆腐はコレ。
研究員*の豚の生姜焼きはココ

*これは陳建一レシピ・陳建民中心!!!*知人の麻婆&『本当に役立つ料理便利帖/宝島社』&レッスンを織り交ぜて。

材料:
・豆腐(木綿) 1丁 (400g 長方形ではなく正方形の大きいもの)
・豚挽肉    80g-160g (写真は160gです)
・にんにく(ミジンギリ)
・ねぎ (ミジンギリ)
a豆板醤  大1
a豆鼓醤(トウチジャン) 小1
aテンメンジャン  大2/3
a乾燥唐辛子 1本 (ハサミでヘタ部分を切り、種を出して1ミリの輪切り)
aもろみ味噌 大1
*鶏がらスープ  180cc
b日本酒 大1
b醤油  大1弱
b塩・胡椒 少々
*水溶き片栗粉 大2強 
*花椒(ホワジャオ) 山椒みたいなもの S&Bから150-200円程度で買える

あれ? 調味料もって無い?****
腐るものではないのであると便利。
調味料が 美味しい味を作るよ!!!
豆板醤とテンメンジャン・もろみ味噌はよく使うなぁ。

基礎固めな研究員*は、定番料理から固めていきます。 経験レシピ多数。
料理人の出しているレシピを手にとるのが一番の近道
中には調味料や調理道具で断念なんてのもあるけれど、 一からレシピを考えるなんて、「新人社員が企画書を出す」のと一緒。 まずは先輩の道を学ばせてもらう。
それから、食材の性質をしること。 今回はネギ・豆腐・挽肉。 ネギは粘りを出さないように一度にミジンギリにする・挽肉は脂が透明になるまで旨みを引き出すようにいためる・豆腐は弱火で茹でて弾力をだす!など、コツを押さえると他の料理にも使えるよね。

→麻婆豆腐のポイントレシピ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/132-5ef54da7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。