上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.30 豚肉の基本
豚肉の薄切り焦点あててみるよー。
DSC01997_convert_20080730082958[1]
画像汚くてごめん

夏ばてに豚 、 風邪に豚***
豚は 夏ばてや疲労回復にもってこいなんだ! 外部:食育大辞典

豚肉の薄切りは3種類美味しく使い分けよ***
*ばら肉  脂肪+赤身が層(三枚肉・ベーコンに加工されるあれね)
*もも肉   脂肪がほとんどない赤身(揚げ物・煮込みに!) 茹でる・焼くはややパサつく
*肩ロース・ロース肉  一部脂肪つき。 ソテー・焼き肉・煮物 厚めに切ったものはとんかつに!

スーパーで豚肉を選ぶコツ***
見た目できれいなもの でしょ。
 脂肪と赤身の色の差がはっきりしているものね。 古くなるほど、くすむ。
パックに肉汁がたまってないかもチェックね。

豚肉を切って使うなら***
繊維にそって切ること! 煮たり 焼いたりするうちにブチブチきれちゃうから。
モモ肉かロース肉ってのもポイント。 ばら肉は脂肪が多い分きれてしまう。

牛と豚の脂肪の解ける温度を知ったら無敵よ~!***
牛の脂肪が40℃で解け始めるのに対して豚は28℃前後。 

つまり、 調理後の牛は熱いうちにたべること。  
豚は冷めても大丈夫ということです~。

だからだ!ハム・ソーセージは豚だね!
牛で作ったら 融点(解ける温度が40℃)だから冷蔵庫から出したら脂肪がやわらかくないものね。

牛の厚切りステーキはあるのに豚の厚切りが少ないのはなぜか***
牛肉も豚肉のタンパク質も 牛乳・卵・魚同様 消化吸収にさしつかえないものなの!
生でいけるの?と思った人なかなか柔軟な頭ね☆ でも実際は×よ!

豚肉は 寄生虫!がいる危険性が大!!! なのでしっかり火を通すこと!!!
体内に入ると排除しにくいって点もあわせて覚えておこう。

つまり~  牛肉は40℃の脂肪融解温度を越えればOK!
 温かいうちにたべよ!レアステーキ! 研*のステーキの焼き方はココみてね
 豚肉は中までしっかり火を通すこと!

そうかそうか~! ってことで、 わかったかな?
牛刺しや豚刺しが一部提供できるお店があることも解明かな?
しゃぶしゃぶ、 冷しゃぶなら豚!!!ってことも。
明日は 夏ばて防止! わいわい家族と囲む豚しゃぶです~! 秘訣は大根おろし!
   
↑ 「褒美とらす!」と思ったら押してってくだせー。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/169-927df454
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。