上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SUNTORY ビール工場(京都) 先日行ったよ。
暑い暑いこんな日に↓   ビール3杯まで無料☆ くぅーー☆
DSC02190_convert_20080827071420[1]
もう 秋・・・ の気温ですけれど、載せさせてください。

ビールを注いでもらったよ
DSC02181_convert_20080827071753[1] DSC02182_convert_20080827071903[1]
おっつ! 泡をこぼした~!
DSC02183_convert_20080827071646[1] DSC02184_convert_20080827072458[1]
出来上がり。  液体と泡の量が絶妙。 これが美味しさの秘訣。 

瓶ビールと缶ビールどっちがおいしい?
答:「どちらも中身は一緒です」
 つまり、 コップに注いで泡で蓋をつくることにより"美味しさ"がでる。

:「じゃぁ、一番美味しくない飲み方は?」(必殺デメリット質問作戦by研*)
:「缶ビールを 缶から飲む事だね。」

「ほぉーーーー。 納得。 あ、 アウトドアで缶から飲むのは例外ってことでね☆」

クイズ!:ビールの原料は? 
 答: 大麦!

大麦に水と空気を与えて発芽させて、根を取り除き「麦芽」+「天然水」で麦汁をつくる。

クイズ!: 麦汁ってどんなあじ?
DSC02152_convert_20080827072102[1]
あまーいあまーい 麦茶って感じ。   ↑発酵前
 デンプンがに変わるんだ。ココ重要!

どうやって 甘い麦汁がアルコール飲料に変わるの?
DSC02148_convert_20080827071238[1]
それはね、 ↑"酵母"を加えることで 代わるんだよ。
 酵母 → 麦汁の糖を 「アルコール」+「炭酸ガス」に分解! +香り成分もつくるよ
1週間ほどで、 5%の「若ビール」ができるって!

その後  0℃のタンクで 2-3週間熟成
炭酸ガスがビールに溶け込んで、徐々に味や香りがまろやかになるんだって。

DSC02175_convert_20080827072321[1]
そして、 "オリ"をろ過して 缶や樽につめられて 出荷となるのだそうです☆

ね! 瓶も缶も同じ中身なんだーってわかったね。

ビールは グラスに注いで飲もう!  →缶ビールを開けるときの裏技・グラスの冷やし方はコチラ
   
↑ クリックが「あ、今日も更新してみよー」って励みになってます。 
お優しいあなた。  押してたもー またみてね。
別窓が開いてランキングにとびます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。