上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.27 鮭巻き
鮭巻き
DSC03666_convert_20081225094224[1]
私が チビっこの頃からの 好物です。  お正月にも◎ ゆず・鷹の爪も一緒にどうぞ。

「もやしもん」 7巻(12/26発売)読んだでー
今回はまた醗酵!踏み込んでました。 漫画家の石川氏は農学出身ではない=素人、つまり私たち目線で一から学ばれて漫画を書かれているので、とてもわかりやすいのだと思います。
醗酵ってそうだったんだーとか、いろいろ思う人多いのではないでしょうか?

どんなみりん使ってますか?って記事を書いたときに訪問した みりん蔵"角谷文治郎商店"も取材協力をされていらっしゃるようです。 "みりん"は 複雑な歴史があります。
本来のみりんとは? なぜみりんを作ったのか。 そして 料亭の味はなぜ冷めてもおいしいのか。 
それは 本来のみりんを知れば 見えてくるかもしれません。 これ書いたの10か月前だ。。
お時間ある方、醗酵に興味ありの方 ぜひリンク先へ↑どうぞ。

鮭巻きの作り方 ↓↓  
IMG_8561.jpg IMG_8567.jpg

中塩鮭を細く切り(画像)、先日干した大根(こちら) で巻いて 甘酢(酢+砂糖 お好みでゆず、鷹の爪)につけて 数時間。
以上。   美味でっせー。 
 ※酢漬けの入れ物は ガラス製で。 
 ※干し大根の合わせた面を下にして並べてつけるとほどけません


ブロ友のみなさまへ。
年末年始、お互いに訪問などできないかと思います。 
わかってます!    お互い無理なく 行きまっしょい!!!  
コメントはすべて届いております。 気持ちいっぱい受け取っております。 本当にありがとう。
コメント欄開けてます。 お返事にこだわらない方(ま、私の知ってるブロ友みんなそうだけど)はどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/309-ebd31b0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。