上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステーキを卓上鉄板で焼く羅琉 ニヤリ
DSC04104_convert_20090128083504[1]
先日のステーキ(ピカソ画像の) 焼肉風にいただきました ↑×2 

牛肉の融点(脂肪の溶ける温度)は 40度前後
 40度ってお風呂くらいだよ!!! 
 つまり 冷めたら固まってしまって美味しさが半減!なの!

だからステーキ屋は鉄板ででてくるんだね!
DSC04107_convert_20090128083728[1] DSC04108_convert_20090128083848[1]
  表面が焦げるほどの高温は×。   ポイントは 焼き色がついて中まで温まること!   
  お肉は常温に戻しておき、 両面に塩を30㎝上からふっておく 馴染みます
  味付け 要らないよ。 脂と塩がうま味を引き出す。

 家焼肉&ステーキ!外同様 美味+α安く食べませんか? 
羅琉 ニヤリ ここ→ステーキ・焼肉カテゴリ

卓上で鉄板を使うときは 新聞紙を敷いて・・・ お見苦しくてすみません。

これに合わせた ワインは 赤jumee☆faceA3
DSC04105_convert_20090128085127[1]
好きな方は続きをどうぞ。
DSC04096_convert_20090128085614[1]
ラベルに情報をつめて
マンドゥーリア(土地)の プリミティーボ(ブドウの種類)

プリミティーボは、  イタリアで言う”ジンファンデル(種類)”なのだそう。
60って 見えるのは、 樹齢60歳から獲れたから。

DSC04099_convert_20090128085227[1]
これ、 中身より! 瓶が重たい・・・  

牛肉の融点は 40℃前後! (豚は28℃) 
牛肉料理は 温かいうちに食べるが一番! 覚えて帰ろーjumee☆faceA3jumee☆faceA3jumee☆faceA3
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/327-f68f8d48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。