上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.29 牛肉の融点 
昨日見にきてくださった方!  誤認もしばしばあったのでもう一度書かせてくださいませ。
 焼く温度?が 40℃だとそりゃ低すぎじゃー!   ???って思ったはず!

牛肉の融点(脂肪の溶ける温度)は 40度前後 
焼く温度じゃごじゃりません

40℃は 脂が溶ける温度。 中まで火を入れて、温かいうちに口の中に入れることを書きたかった。

それに対して は約28℃で脂肪が溶ける。
だから、 冷たいお料理もOK!  たとえば冷しゃぶやハムなんてそうでしょ!!!

牛肉のハムってないよね

口の中に入れる温度!40℃!  目安:ホットミルク65℃です 

かおりさん☆のコメントに 「あるシェフはお肉を真空パックにして60度で湯煎、その後軽く表面を炙るって書いてあった!」  これはまさにこのことに通づる気がします。ありがと☆

DSC04106_convert_20090129083600[1]
これ、 牛脂。   

牛脂をひく(しく?)時の注意
  最後まで使ってますか? 
牛脂、焦げてませんか? 温度が高すぎると 膜ができてしまうのですねぇ。

鉄板は ジュ!って 言うくらいを保つ☆  ジュ――――は 熱いかな。 
肉を置いて3秒待って ちょっと焼き色がつくくらい。 ここで焦げ茶に焼けたらちょっと温度が高くて 中まで火が通る前に 表面が焼けてしまいます。

お肉好きなんです  
  レア好きだけれど、 中まで 温かさが入っていないと×!
さっと焼くだけじゃなかまで 温かさが入らないので!!!  ってことを書きたかった!!!

海外組へ!
日本のは特別だと私も思います。コメントありがとうございます。
土地には土地にあった食べ方!ですよね~!ソースたっぷりのBBQ!最高!
血が流れるステーキのレアは私も。。遠い目。。。

卓上鉄板でステーキのすすめ
鉄板で焼肉の極意
牛肉の脂肪の融点と豚肉の融点
ステーキの焼き方と簡単付け合わせ
ホルモンって何?
京都の肉割烹
進化する 研*流ステーキの美味しい焼き方

昨日のワイン***60歳の葡萄の木からのワイン。 高齢なのだそう。 
良く知ってる人は楽しいでしょう。 私はさっぱり。 渋みとか酸味もさっぱり・・。
レストランに行かないから 1本の値段は半額以下でゲットです。賢い(にんまり)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/328-437dbd84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。