上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビスキュイ・ド・シャンパーニュ
DSC04509_convert_20090321221439[1]
 シャンパンに浸していただくお菓子。

”ビスキュイ・ド・ランス” とか ”ビスキュイ・ロゼ”とも呼ばれている。
→ "ランス"は シャンパンの都のランスから。
→ "ロゼ"は、 このお菓子の一般的な色。 ロゼ色(=バラ色)から。

ビスキュイ・ド・シャンパーニュの材料は?
  ビスキュイ(=別立てで作る 生地) 卵黄・メレンゲ・砂糖・小麦粉にピンク色をつけて焼き、表面にグラニュー糖がまぶしてあり、かりっとした感じのもの。   
 一般的には ピンクで、 10㎝程度。 これは20㎝くらいあるかな?
(※これは、ワインやとお菓子やのコラボで作っている (フランボワーズ&マンゴー オリジナル))

これをシャンパンに浸すと・・・
 DSC04499_convert_20090321222450[1] ロゼにしてみた
しゅわわわ。  軽い生地が一気に水分を吸い込みます。 

 コーヒーに入れて食べるビスコッティを彷彿とさせます。

このピンクは どこのお店も色素を使っているのだそう。

ちなみに、マカロンも、みな色素(色粉)を使っている。  
DSC04495_convert_20090321221752[1]
 フランスの方々は昔から 雅(みやび)な食文化を持っていたなぁとしみじみ思うばかりです。
ビスキュイ・ド・シャンパーニュ今度作ってみます。

コメント欄は閉じてます。  トップ記事のコメントは開けています。
お返事ができないので。  それでも残してくれる方、来てくださる方々ありがとうございます。
 最近i touchを買いネット環境もワイヤレスにしてみんなのブログを拝見しています。便利やね☆  
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/365-2e7461c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。