上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辛め~な 四川麻婆豆腐 ↓ DSC04691_convert_20090409095256[1]
これは お店のです (個室だったのでデジイチだして撮ったどー)

以前載せた陳健一レシピ↓ 私のリピレシピです。 よかったらどうぞ。 
麻婆豆腐
麻婆豆腐キムチ

数十回つくるとだんだん自己流になってくる。
 テンメンジャンがなければ、甘味噌(赤味噌)を加え、 豆板醤を切らしていたら コチュジャンを入れる。  その場合辛さが効いてなかったりするけれど、まぁ、問題ない。  


 挽肉とネギ豆腐があればいつでもできる。  にんにく、生姜もセットで必要。
 豆腐を茄子に変えれば、 麻婆茄子。  
 キャベツにして 麻婆キャベツなんてのもいいかも。 


中華に使う調味料は多いけれど、 格別な味わいになる。
 そろえるのが億劫だと感じた初期。 気づいたら結構持っている。
そして、使っている。  豆板醤、豆鼓醤、甜麺醤、紹興酒、オイスターソース、ウェイパー。
もろみも 中華に入れると味わいが深まるよ。

 調味料があれば、 その後の献立は楽勝楽勝!
 何にしようかなぁーって思ったら、とりあえず、肉類と野菜を買って帰る。 
味付けに、 長ネギ・にんにく・生姜は必須!

 たとえば、豚肉に 紹興酒+醤油+ゴマ油で下味をつける。
この 下味を仕込む時点で その香りの美味しさにノックアウト。  
そのあとは 調理方法は、片栗粉をまぶして、他の野菜を用意。 (ジャガイモなら切ってチン、キノコ類も可) 合わせ調味料(醤油・紹興酒・砂糖・黒酢・スープ水溶き片栗粉)を用意。
 一気に炒め合わせる。  下味をつけた豚肉を炒め、豆板醤を入れ炒め、ネギやニンニクを入れ、野菜類(キノコ・パプリカ・ジャガイモ等)を入れ、 合わせ調味料を入れて炒める。 

中華鍋のすすめ   
あの、丸い形と鉄という素材は 炒め物がおいしくできます。
中華鍋の使い始め 昨年夏に買った中華鍋。  買ってよかった。  私は揚げものもこれで、蒸しものもこの上に蒸篭をおいてやります。
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/371-adb8373b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。