上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社長のお話を聞いて・・・・   つぶやき・・・・
先日、 無殺菌牛乳(日本で唯一無殺菌で出すことを許された想いやりファーム)の社長の講演会に行った。  講演会後数時間 話し込んだ。  いろいろな私の疑問を次から次へと教えてくださった。



驚愕する事実、本当のことって実は消費者は知らない。
有機製品のからくりも 低温殺菌牛乳も 特別牛乳もカスピ海ヨーグルトも。
牧場のソフトクリームも。 
酪農家と消費者の間には情報が通じない厚い壁がある。

 思いやり牛乳のHPにはパンチがない。(←事実・他の会社が売り文句にしたいことも書かない)
それは、事実を書いたら業界全体を揺るがすことも含まれるから。オブラートに包んでいる。

第一、無殺菌で出荷だなんて 意味がわからないっていうのが 消費者だろう。
通常、120-130℃の殺菌をした牛乳が大半。  そう、 それだけ雑菌が多いってことだ。

このファームでは 殺菌をしないでも 雑菌の数がほとんどないため出荷できる。
驚くことに、 熱を加えないから、 そのまま一か月も冷蔵庫に入れておけば、腐敗ではなく、醗酵するのである。  自家製 天然ヨーグルトのできあがりだ。

世界で、唯一 無殺菌で牛乳が販売できる牧場。
それを確立するのには ナミナミならぬ毎日の忍耐、努力があってこそ。  乳をだしてくれる牛達は社長を慕っているようだ。  牧場で社長が寝ころべば、どうしたん?っていって寄ってくるのだそう。

ビジネスというより、 本物を追求した生産者である。 
 社長の考え方、ものの反し方にすごく尊敬の念がわいた。

世界中から 注目されているこのファームには たくさんの研究者が来るのだとか。

無殺菌牛乳は1本1000円。  200円前後で買えると思っている牛乳。
それを考えれば 高い。  そう 高いと思ってしまう。

 牛乳は成長のために必要だ!なんて、 本当だろうか?  いや、本当ではない。。。

広告をみて、そうなんだと信じている私たちがいる。 
どうしたら、 いいだろう。    

真実を知ってものを買うのと、知らずに買うのでは 全然違う。
どうしたら、 見抜けるだろうか。。。。  →→  裏返してものを考えてみよう

たとえば ヨーグルト。 「乳酸菌が活きている!」って宣伝していたら、それまでのヨーグルトは「乳酸菌が活きていない」ってことなんだ。
 乳酸菌の認識が、広く消費者に浸透してきたら 企業も作戦にでるんだ。


牛乳も裏返して考えてみよう。
"想いやり牛乳"が日本唯一の無殺菌牛乳なら、他の牛乳は生で売ったら犯罪になる」ってことだ。   殺菌しなきゃ飲めないものなんだ。
  
ジャージー乳牧場って商品名の牛乳。  ジャージー乳がいいのかと思わせる感じ。
牧場に行ってみたら、 他の乳牛の方が多いなんてことも。


疑ったらキリがない食品業界。  
勘違いだらけ。  私。 私たち。
そう、 勘違いなんだ。 メーカーは嘘は書いてない。 

そして、 情報は絶えず発信されている。   それをうまく読み取れるのかどうか!が 鍵だ☆

牛乳について考えるもどうぞ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/380-28971fa7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。