上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.24 sayori さより
三五八漬けにした さより。 
英名は Half beak(くちばしを半分持った魚) Needle fish(針魚)だそう。 

IMG_6607.jpg
  
 このお魚は内臓が黒く苦いのでそこだけは裁いて頂きます。
三五八漬けにして保存・熟成して焼きました 

腹黒い人を例える・・・  ex.サヨリのような女性・・・だね 君は・・・。
さよりの三五八漬けレシピ 

材料 
・さより 4匹
・三五八  大2  

①サヨリの水気をふき 三五八を満遍なくお魚に塗りラップをして3日ほど冷蔵庫で熟成。
②三五八と出てきた水分をキッチンペーパーで拭い 裁く。 魚は頭を左にして真ん中で半分に切る。
 お腹を裂き内臓をとりだす。 (きれいにとれるので水で洗わない・余分な水分つけないで)
③グリルに水を入れ火をつけ(強火)グリルを温める。温まったら中火にしてサヨリの頭を左に向けて(皿にもる面から)焼く。 5分弱経ったら反対の面も焼く  完成

point
*グリルを温めておくこと(つまり網をあたためること)で 魚の皮が付着せずきれい焼けます 
*グリルは何度も開け閉めしないで焼く (中火ー弱火)
*魚の水気はきれいにふき取って焼くこと 
*尻尾は先にこげるので アルミなどでくるんで焼くといい

塩焼きでも同じ! ①塩水で洗い水気を取って裁く。
②魚に塩をして5分したら水分がでるのでそれをふき取って同じように焼くといいです。 

 三五八の魅力は焼いた後の薬味が要らないところ。
そして 塩だとその場で水分がでてしまいますが、3-4日保存が利くところです。

今日はもうひとつ井上酒店さんのブログを紹介している記事を書いています。
是非見て美味しい知識持って帰って下さい!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/43-cccb8e48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。