上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*塩豚と焼肉屋さんの牛蒡サラダ*

ちゃちゃさんのところから→vege dining ブログの牛蒡サラダへたどり着き、牛蒡サラダレシピを作らせていただきました。 izumimirunさん。ごちそうさまでした。
IMG_6650.jpg

(塩豚+牛蒡サラダ+蒸しキャベツ)
タレ:てんめん醤大1:醤油大1:酢小1:ごま(ニンニク小1+生姜小1を加えるとさらに美味・・・臭いが)
タレはなくても牛蒡の味で満足!

塩について***
塩は賞味期限がなく腐りませんので、私は塩豚やお豆腐につけるときのお塩は美味しいお塩を使っています。 塩もみりんもお醤油も1000円も出せば極上のものが手に入ります。
使ってる塩。700円。高い? 高いよーって思ったけれど、700円じゃん。 てことです。
調味料で素材のうまみが全然違うので選んで買いたいですね。
 一方高いものは量も少ない・・・ということで 普通の塩も用意して2種類を使い分けています。
味噌漬けについて***
昨日の味噌漬け。 疑問を研究していきます。

味噌床の使いまわし回数  →3度限度 しかし 店では1度限り。 私は2度限度。
TVでは3度までと言ってました。  素材から水分が出るので火にかけて戻すと言ってましたがどうでしょう。  菌が死ぬのでは・・・
 そこで「楽旬堂 坐唯堂」に聞いてみました。 味噌床って何回つかう?
回答:「店では1度きり」 なぜ???「素材の水分がでるので薄まってしまうため。」
衛生面ではないそうです。
 よく500gの味噌床をつくるレシピがでています。 が 素材に塗ればそんなに必要ないので100gを提案しました。  素材を焼くときもいためるときはその使った味噌を一緒に使います。
焼くときは少し拭って焼きます。  残る分は少量なので 2度使えば満足に使いこなせる量かなぁと思っています。
 最小限の量で最大限の力を引き出したい。  主婦は思っていますよね。

ということで 100gのぎりぎり量で無駄なく2度使いがいいかと思っています。
*味噌床は 肉は肉。魚は魚。野菜は野菜で分けてつかいましょう。

 味噌床をゆるめる お酒・みりん。   ナゼ水ではないのか。これは 腐るからだと思います。  
お酒・みりんはアルコールで作られているので、味噌の微生物の活動を妨げないのでしょうね。 
 ということでみりんは本みりん以上のものがなければ(みりん風調味料なら)使わずに お酒大2でやってください。
 みりんは材料に水あめ・ブドウ糖などの表記があれば アルコール分はありません
 
ではお酒もみりんも無い場合 何でゆるめたらいいだろう。 焼酎・ワイン・・・

***独り言***
天皇陛下はプライベートでは17年間同じインテグラに乗られていると聞きました。
ものを大切にする。 愛せるものを選ぶ。  しみじみと感じました。

♪ゆきやなぎ♪ 春だ~。 
IMG_6637.jpg

① 味噌漬けは鮮度のいいお魚を遠くに運ぶため(保存するため)の知恵です。  
焼き魚や煮魚用に売られているお魚は使用しないでください。
魚やお肉の味をごまかすものではありません。
海外ではお刺身用のお魚がある場合はOKですが、そうでないときは残念ながら×

②味噌床を作るときに みりんやお酒を入れる理由
砂糖や塩を入れるレシピもたまにみますが、 みりんやお酒がいいです。
理由は味噌をやわらかくするのはもちろん、複雑な味・甘さなどを加えるからです。
みりんは 調味風みりんは使わないでください。 
海外などで 日本酒が手に入らない場合・・・  ワイン(白)でOK!
日本での酒蒸し → 海外での ワインのフランベ(香り付け) と考えるそうです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/46-fac9c05f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。