上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即席!ザワークラウト*  (キャベツの漬物)
ドイツで食べたり、銀座ライオン本店(笑 ではソーセージにあう!って思った。
IMG_7297.jpg

日本酒と酢で再現~☆  キャベツとベーコンだけを蒸して・・・簡単~☆

材料*
*キャベツ 1/2
*ベーコン 適量 適宜切って
・オリーブオイル
・ローリエ
・ハーブ (キャラウェイシードor  クミン・セージ・タイム・ローズマリーなどでも)
・胡椒・レモン汁
・酢 (純米酢 もちろんワインビネガー・白ワインOK)
・日本酒
+ ソーセージも添えてね☆

作り方
①キャベツは幅1センチのざく切り・ベーコンも適宜切る ②鍋にオイルをいれベーコンをいためて油がでてきたらキャベツをいれざっくり炒める(油を絡ませる)③ローリエ・レモン汁大1・日本酒20ccくらい入れ 蓋をして蒸煮(弱火でね) ソーセージはここで一緒にいためてしまおう。 ④キャベツが半量くらいにくたっとなったら、ハーブやスパイス投入・純米酢の量はお好みで。 弱火で味をつけたら完成

point
キャベツを洗った水分と素材の水分を使って蒸煮だが、古キャベツで焦げそうなときは少し水をいれる。

ザワークラウトは塩で乳酸醗酵したキャベツの漬物***
今回は即席で純米酢 を使って火にかけて作ったけれど、ドイツではキャベツに塩・キャラウェイシード(ハーブ:肉の臭みをとる)をいれてつくるキャベツのお漬物。
塩が乳酸菌の働きを引き出した漬物なんだ。 酸味が強い!
 ソーセージに付け合せることによってこの酸味が食欲を増進させたり、キャベツの効果で消化を促したりと優秀な漬物なんだね。
 冷蔵庫で冷たくしておいて、あとでソーセージ(写真にのってないでしょ*)をそえました。
温かいのも美味しいですよ。

セージはソーセージの語源***
肉料理に使うハーブ:セージ。 
私も持ってる乾燥粉末調味料で、ハンバーグやドレッシングにこっそり入れて使っています。
肉の臭みを消し防腐効果があるといわれるセージがソーセージの語源なのも納得ですね。
効果は:防腐、消化促進、解熱、精神安定だそうです
肉全般(テリーヌにも)使います。 持っていたら重宝しますね。
800px-Common_sage20040605.jpg wikiのセージ写真拝借

キャベツのトリビア~***
収穫時間は朝三時から夜明けまで。 
なぜか~☆ 
陽があたってからだと切った部分が変色してしまうから!!! 感謝ですね


ザワークラウトも漬物だったんだね~☆って納得?

 
 
コメント読むのが大好きです~☆ 

ちかたさん☆
バトン回答を楽しく考えてま~す。
ブログを読みまわっていたら夢中になってしまい、バトンを書く時間がなくなってしまいました・・・。   休暇中用に書き溜めた記事↑をまずアップさせていただきまするぅぅ。  
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakkokenkyu.blog15.fc2.com/tb.php/84-ddfb7f32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。